取扱い表示記号

記号を見れば全て分かります

洗濯

95℃ 洗濯機洗い

綿や麻の白物や色物で、高温洗いに適したもの。洗濯機に適切な量の洗濯物を入れて、通常の洗濯コースに設定します。頑固な汚れには前処理をしてください。

70℃ 洗濯機洗い

綿や麻の白物や色物で、高温洗いに適したもの。洗濯機に適切な量の洗濯物を入れて、通常の洗濯コースに設定します。頑固な汚れには前処理をしてください。省エネな高温洗いです。

60℃ 洗濯機洗い

高温洗いに適さない色物。(例)綿、モダール、ポリエステル、混紡生地など

60℃ 洗濯機洗い

イージーケア製品の洗濯:洗濯機には容量の2/3以上の洗濯物を入れないでください。弱い洗濯コースに設定します。頑固な汚れには前処理をしてください。シワにならないように、脱水は短時間にします。

40℃ 洗濯機洗い

(例)綿、ポリエステル、混紡生地などの濃色品。

40℃ 弱い洗濯機洗い

モダール、レーヨン、合成繊維(アクリル、ポリエステル、ナイロン)などの弱い洗濯機洗いに適したもの。適切な量の洗濯物を入れて、弱い洗濯コースに設定します。頑固な汚れには前処理をしてください。シワにならないように、脱水は短時間にします。

40°C 非常に弱い洗濯機洗い

洗濯機で洗えるウール製品など。機械力の低い洗濯コースです。洗濯機には容量の1/3以上の洗濯物を入れないでください。非常に弱い洗濯コースに設定します。

30℃ 洗濯機洗い

(例)綿、ポリエステル、混合生地などの濃色品。通常の洗濯コースに設定します。

30℃ 弱い洗濯機洗い

モダール、レーヨン、合成繊維(アクリル、ポリエステル、ナイロン)などの弱い洗濯機洗いに適したもの。適切な量の洗濯物を入れて、弱い洗濯コースに設定します。シワにならないように、脱水は短時間にします。

30℃ 非常に弱い洗濯機洗い

洗濯機で洗えるウール製品など。機械力の低い洗濯コースです。非常に弱い洗濯コースに設定します。洗濯機に入れる洗濯物の量を少なめにします。

手洗い

30℃から40℃の間で、製品に適した温度で手洗いします。まず、たっぷりの水に洗剤を溶かします。洗濯物を入れて、丁寧に攪拌します。こすったり、引っ張ったり、ねじったりしないでください。その後、よくすすぎ、余分な水分を丁寧に押して脱水し、形を整えます。色柄物やデリケートな製品は、濡れたまま放置せずに、すぐに干してください。

洗濯できない

この記号が付いたものは、洗濯してはいけません。水濡れに弱い製品や、サイズが大きく家庭用洗濯機での洗濯ができない製品です。

漂白

あらゆる漂白剤を使用できる

塩素系及び酸素系漂白剤を使用できます。

酸素系漂白剤のみ使用できる

酸素系漂白剤が使用できますが、塩素系漂白剤は使用できません。

漂白できない

漂白はできません。漂白剤が入っていない洗剤を使用してください。

乾燥

高温タンブル乾燥

80℃で通常のタンブル乾燥をします。

低温タンブル乾燥

60℃で弱いタンブル乾燥をします。

タンブル乾燥はできない

タンブル乾燥はできません。

つり干し

日焼けしにくい製品

ぬれつり干し

日焼けしにくく、シワを避けたい大きな製品

平干し

日焼けしにくい厚手の製品

ぬれ平干し

日焼けしにくいデリケートな製品

日陰でつり干し

日焼けしやすい製品(シルク)

日陰でぬれつり干し

シルクのようなデリケート製品

日陰で平干し

毛織物やデリケートな製品

日陰でぬれ平干し

ウールのジャケットなど

アイロン

高温アイロン

アイロンは底面温度200℃を限度とします。綿や麻の製品に適しています。 必要に応じて湿った状態でアイロンをかけてください。 光沢のあるものや圧力に弱いものは、あて布を使用するか、裏側からアイロンをかけてください。スチームアイロンを使用することもできます。

中温アイロン

アイロンは底面温度150℃を限度とします。ウールやシルク、ポリエステル、レーヨンの製品に適しています。必要に応じて湿った状態でアイロンをかけてください。スチームアイロンを使用することもできます。強い圧力は避けてください。

低温アイロン

アイロンは底面温度110 °Cを限度とします。アクリルやナイロン、アセテートの製品に適しています。必要に応じて、光沢のあるものや圧力に弱いものは、あて布を使用するか、裏側からアイロンをかけてください。原則スチームアイロンは使用できませんが、使用する場合はご注意ください。

アイロンはできない

アイロンを使用すると、製品が損傷する恐れがあります。

プロのクリーニング

ドライクリーニング:パークロロエチレン、石油系溶剤

制限のない通常のクリーニング。素材に適した溶剤系のシミ抜き剤を使用できます。事前に目立たない部分で試してみることをお勧めします。

ドライクリーニング:パークロロエチレン、石油系溶剤

湿度や機械力、温度などが制限された弱いクリーニング。素材に適した溶剤系のシミ抜き剤を使用できます。事前に目立たない部分で試してみることをお勧めします。

ドライクリーニング:石油系溶剤

石油系溶剤を使用した通常のクリーニング。

ドライクリーニング:石油系溶剤

湿度や機械力、温度などが制限された弱いクリーニング。使用できない溶剤系のシミ抜き剤もあります。

ドライクリーニングはできない

ドライクリーニングはできません。溶剤系のシミ抜き剤は使用しないでください。

ウエットクリーニング

制限のない通常のクリーニング。

弱いウェットクリーニング

機械力を抑えた、デリケートな製品のためのクリーニング。

非常に弱いウェットクリーニング

非常にデリケートな製品のための、機械力を大幅に抑えたクリーニング。

ウエットクリーニングはできない

ウェットクリーニングはできません。

95℃ 洗濯機洗い

綿や麻の白物や色物で、高温洗いに適したもの。洗濯機に適切な量の洗濯物を入れて、通常の洗濯コースに設定します。頑固な汚れには前処理をしてください。

70℃ 洗濯機洗い

綿や麻の白物や色物で、高温洗いに適したもの。洗濯機に適切な量の洗濯物を入れて、通常の洗濯コースに設定します。頑固な汚れには前処理をしてください。省エネな高温洗いです。

60℃ 洗濯機洗い

高温洗いに適さない色物。(例)綿、モダール、ポリエステル、混紡生地など

60℃ 洗濯機洗い

イージーケア製品の洗濯:洗濯機には容量の2/3以上の洗濯物を入れないでください。弱い洗濯コースに設定します。頑固な汚れには前処理をしてください。シワにならないように、脱水は短時間にします。

40℃ 洗濯機洗い

(例)綿、ポリエステル、混紡生地などの濃色品。

40℃ 弱い洗濯機洗い

モダール、レーヨン、合成繊維(アクリル、ポリエステル、ナイロン)などの弱い洗濯機洗いに適したもの。適切な量の洗濯物を入れて、弱い洗濯コースに設定します。頑固な汚れには前処理をしてください。シワにならないように、脱水は短時間にします。

40°C 非常に弱い洗濯機洗い

洗濯機で洗えるウール製品など。機械力の低い洗濯コースです。洗濯機には容量の1/3以上の洗濯物を入れないでください。非常に弱い洗濯コースに設定します。

30℃ 洗濯機洗い

(例)綿、ポリエステル、混合生地などの濃色品。通常の洗濯コースに設定します。

30℃ 弱い洗濯機洗い

モダール、レーヨン、合成繊維(アクリル、ポリエステル、ナイロン)などの弱い洗濯機洗いに適したもの。適切な量の洗濯物を入れて、弱い洗濯コースに設定します。シワにならないように、脱水は短時間にします。

30℃ 非常に弱い洗濯機洗い

洗濯機で洗えるウール製品など。機械力の低い洗濯コースです。非常に弱い洗濯コースに設定します。洗濯機に入れる洗濯物の量を少なめにします。

手洗い

30℃から40℃の間で、製品に適した温度で手洗いします。まず、たっぷりの水に洗剤を溶かします。洗濯物を入れて、丁寧に攪拌します。こすったり、引っ張ったり、ねじったりしないでください。その後、よくすすぎ、余分な水分を丁寧に押して脱水し、形を整えます。色柄物やデリケートな製品は、濡れたまま放置せずに、すぐに干してください。

洗濯できない

この記号が付いたものは、洗濯してはいけません。水濡れに弱い製品や、サイズが大きく家庭用洗濯機での洗濯ができない製品です。

あらゆる漂白剤を使用できる

塩素系及び酸素系漂白剤を使用できます。

酸素系漂白剤のみ使用できる

酸素系漂白剤が使用できますが、塩素系漂白剤は使用できません。

漂白できない

漂白はできません。漂白剤が入っていない洗剤を使用してください。

高温タンブル乾燥

80℃で通常のタンブル乾燥をします。

低温タンブル乾燥

60℃で弱いタンブル乾燥をします。

タンブル乾燥はできない

タンブル乾燥はできません。

つり干し

日焼けしにくい製品

ぬれつり干し

日焼けしにくく、シワを避けたい大きな製品

平干し

日焼けしにくい厚手の製品

ぬれ平干し

日焼けしにくいデリケートな製品

日陰でつり干し

日焼けしやすい製品(シルク)

日陰でぬれつり干し

シルクのようなデリケート製品

日陰で平干し

毛織物やデリケートな製品

日陰でぬれ平干し

ウールのジャケットなど

高温アイロン

アイロンは底面温度200℃を限度とします。綿や麻の製品に適しています。 必要に応じて湿った状態でアイロンをかけてください。 光沢のあるものや圧力に弱いものは、あて布を使用するか、裏側からアイロンをかけてください。スチームアイロンを使用することもできます。

中温アイロン

アイロンは底面温度150℃を限度とします。ウールやシルク、ポリエステル、レーヨンの製品に適しています。必要に応じて湿った状態でアイロンをかけてください。スチームアイロンを使用することもできます。強い圧力は避けてください。

低温アイロン

アイロンは底面温度110 °Cを限度とします。アクリルやナイロン、アセテートの製品に適しています。必要に応じて、光沢のあるものや圧力に弱いものは、あて布を使用するか、裏側からアイロンをかけてください。原則スチームアイロンは使用できませんが、使用する場合はご注意ください。

アイロンはできない

アイロンを使用すると、製品が損傷する恐れがあります。

ドライクリーニング:パークロロエチレン、石油系溶剤

制限のない通常のクリーニング。素材に適した溶剤系のシミ抜き剤を使用できます。事前に目立たない部分で試してみることをお勧めします。

ドライクリーニング:パークロロエチレン、石油系溶剤

湿度や機械力、温度などが制限された弱いクリーニング。素材に適した溶剤系のシミ抜き剤を使用できます。事前に目立たない部分で試してみることをお勧めします。

ドライクリーニング:石油系溶剤

石油系溶剤を使用した通常のクリーニング。

ドライクリーニング:石油系溶剤

湿度や機械力、温度などが制限された弱いクリーニング。使用できない溶剤系のシミ抜き剤もあります。

ドライクリーニングはできない

ドライクリーニングはできません。溶剤系のシミ抜き剤は使用しないでください。

ウエットクリーニング

制限のない通常のクリーニング。

弱いウェットクリーニング

機械力を抑えた、デリケートな製品のためのクリーニング。

非常に弱いウェットクリーニング

非常にデリケートな製品のための、機械力を大幅に抑えたクリーニング。

ウエットクリーニングはできない

ウェットクリーニングはできません。

最新ニュース

繭のお手入れ

ベイビー、外は寒い

頑張れチーム!

手洗いのみ」というのは、書いてある通りの意味ですか?

友達に送る