頑張れチーム!

若いアスリートのスポーツウェアのお手入れ方法

サッカー、体操、テニス、ダンス、バドミントン、空手......スポーツの世界は、あらゆる年齢の青少年に限りない恩恵を与えてくれる。チームワークであれリーダーシップであれ、決断力であれ協調性であれ、スポーツの実践は青少年に生涯役立つさまざまなツールを与えてくれる。しかし、親なら誰でも知っているように、スポーツは衣服に負担をかけます。ジャージやレオタードを美しく(そして匂いも)保つには、ちょっとした注意が必要です。

お子様のスポーツウェアを洗濯する際は、以下の点に注意してください:

汗をかくのは怖いことではありません。若いアスリートが頑張っている証拠です!しかし、汗を長く放置しておくと、落とすのが大変なシミの原因になります。汗をかいたウェアは、できればその日のうちにジムバッグから洗濯機に移すようにしましょう。もし汗染みができてしまったら、洗濯機で洗う前に前処理をしてみよう。大さじ1杯の白酢とコップ半分の水を混ぜたものを作る。シミの部分を30分ほど浸した後、洗濯機で洗う。

 

まずはシミから。草や泥、時には血液のような、ざらざらしたシミには、既製品のシミ抜き剤を使うか、白酢、重曹、水などの家庭用材料から自分で作れる簡単な溶液で前処理をする:

  • 草や泥の汚れには、酢1に対して水2を混ぜて使う。シミにやさしく塗り、シミが混合液に完全に浸るようにする。1~2時間放置した後、洗濯機で洗う。特にひどい汚れの場合は、ホワイトビネガーの原液を使ってみてください。
  • 血液のシミの場合は、できるだけ早く衣類を冷水に浸してください。20分後、シミの部分を指で軽くこすり、シミが薄くなるかどうかを確認します。シミが薄くなったら、さらに5~10分浸け置きし、洗濯機で洗う。より頑固な血液のシミには、原液のホワイトビネガーに10分間浸けてみてください。漂白剤や過酸化水素をシミに使用する場合は、生地が白でない限り避けてください。

 

熱に注意。エラスタンやナイロンのような伸縮性のある素材は高温に弱いので、洗濯サイクルが熱すぎないように注意しましょう。また、シミによっては熱にさらされると落ちにくくなることもあります。これらの理由から、スポーツウェアは乾燥機を使わず、新鮮な空気の中で乾燥させましょう。

正しい洗濯洗剤を選ぶ。ほとんどのスポーツウェアは、万能洗剤で洗うことができる。しかし、スポーツ専用の洗剤を選ぶとよいでしょう。この洗剤には抗菌剤が含まれていることが多く、消臭効果がさらに高まります。

柔軟剤はオプションです。スポーツウェアの種類によっては、柔軟剤によって吸湿性が損なわれることがあります。柔らかさがどうしても必要な場合は、まずウェアのラベルを確認してください。

若いアスリートのスポーツウェアを洗濯するときにも、

ラベルに記載されているお手入れ方法を必ずご参照ください!

 

お気に入りの洋服のお手入れ方法については、スペシャル・ファブリック・セクションをご覧ください。

友達に送る